セルロイドなの?アセテートなの?セル枠の謎の話

2019.03.11 Monday

0

    こんにちは

     

    Winkアオヤギです。

     

    皆さんはどんな材質の眼鏡がお好きでしょうか?

     

     

    チタンやステンレスの様な一般メタル枠

     

    高級志向のK18(18金)や鼈甲(べっこう=タイマイという海亀の甲羅)

     

    TR90やULTEM等、最近増えてきている弾力性のあるプラスチック素材

     

    セルロイドやアセテート等の一般的にセル枠と呼ばれるプラスチック素材

     

     

    このセル枠、セル枠とは言いますが9割以上が実はアセテート素材です。

     

    プラスチックフレームは元々セルロイドが主流の素材だったのですが

     

     

    着色がしやすい

     

    一度に大量に加工しやすい

     

    セルロイドの方が発火しやすい(自然発火するほどではありませんが)

     

     

    こういった特徴から現在はあまりセルロイドフレームは見なくなりました。

     

     

    「じゃあセルロイドって悪い素材なの?」

     

     

    そう思われる方もいるかと思いますがそういう訳ではありません。

     

    セルロイドはアセテートと比べて弾力性があって劣化もしにくい素材です。

     

    皮脂や整髪料による白濁にもセルロイドの方が強いので美容師さんなど職業柄セルロイドを好まれる方もいます。

     

     

    OG-7701

    onimegane OG-7701 53□16 BK

     

     

    OG-7705

    onimegane OG-7705 50□18 DA

     

     

    写真は最近よく、当店のブログに出てくるonimeganeさんのセルロイドフレーム

     

    こういったレトロな雰囲気の枠だとアセテートよりもセルロイドがしっくりくる気がします。

     

     

    発色の良いアセテートをとるか

     

    渋い色味のセルロイドをとるか

     

     

    どっちもそれぞれ良さがありますから悩みどころですね。

     

    ただ、セルロイドを使っている商品は今とても少ないです。

     

    「プラスチック枠のデザインは気に入っているけど使っている中での色あせが気になる」

     

    そんな方はは是非一度、セルロイド枠をお試しください!

     

     

    以上、Winkアオヤギ北浦和店でした。

    コメント
    コメントする