眼鏡であなたのお顔のイメージが変わる。 目的別フレーム形状

2019.03.09 Saturday

0

    こんにちは

     

    Winkアオヤギ北浦和店です。

     

    今日は特にコンタクトのヘビーユーザーに聞いてほしいお話です。

     

     

    「私は眼鏡が似合わないから家でしか掛けてないんです」

     

     

    なんてお話をよく耳にします。

     

    そんな場合にクリーニングや型直しでお預かりする眼鏡は大抵は結構前に流行った形、しかも色あせて歪んでいたりします。

     

    それでは野暮ったく見えてしまったりするのは当たり前です。

     

    スーツでもよれていたら逆に汚らしく見えちゃいますよね

     

     

    異常に太っている、痩せている、眼鏡が邪魔に感じてしまう程に非の打ち所がない美人、そんな場合でもなければ眼鏡が似合わないのではなく、「似合う眼鏡を選べていない」もしくは「なりたいイメージと選ぶ眼鏡が合致していない」という場合がほとんどです。

     

     

    「でも、当時からしっくりきてない!」

     

     

    そう思う方も多いでしょうが、自分に似合う眼鏡をじっくり選んで買ったのでは無く、その時に流行っていった形の中から無難な物を妥協で選んでみんなが大絶賛、しかも、どんな場面、どんな服装でもジャストフィット!なんて上手くいくケースはよっぽどの眼鏡上級者でもめったにありません。

     

     

    「自分の顔にはこれしかない!運命の出会いだ!」

     

     

    なんて思った眼鏡が髪を切ったら全然似合わない、ひどい場合は別の服装だとイマイチなんて事も私はよくあります(笑)

     

    理想は靴や服の様に場面に合わせて掛け替えが出来ると一番ですね。

     

     

    では駆け足にはなりますが形ごとのイメージを!

     

     

    OG-7813

    スクエアフレーム 「知的」 「男性的」

     

     

    OG-7217

     

    オーバルフレーム 「優しい」 「親しみやすい」

     

     

     

    OG-7818OG-7820

    ボストン ウェリントン 「おしゃれ」 「レトロ」

     

     

    OG-7204

    アンダーリム(逆ナイロール) 「シャープ」 「スリム」 「スタイリッシュ」

     

     

    OG-7009

    ブロー 「誠実」 「真面目」

     

     

     

    等々、これらの要素が素材やカラーとの組み合わせで複雑に組み合わさってますから悩むのも当然です。

     

    そんな時は、眼鏡店の店員に相談してみてください。

     

    自分では似合わないと思っていても人から見るとすごく似合っているなんて発見があるかもしれませんよ!

     

     

    ただ、そんな時は是非、「似合わないから眼鏡は嫌なんです」なんて言わないでくださいね。

     

     

    「私に似合う眼鏡を教えて!」

     

    そう言ってもらえれば大抵の眼鏡屋は喜んで一緒にお探しします!

     

     

    本当は似合う形なのに色やサイズ感、掛け位置がほんの少しだけ違う、そういった事にも気づいてくれるので安心ですよ。

     

    あとは勇気を出して色々な形を試してみてください。

     

    お気に入りの服装をよりオシャレに見せてくれる眼鏡が見つかればきっと眼鏡が好きになるはずですよ。

     

     

    以上、Winkアオヤギ北浦和店でした。

     

     

     

    コメント
    コメントする