地元の祭りに時代の流れを感じた話 裸押し合い祭 in 浦佐

2019.03.04 Monday

0

    こんにちは

     

    Winkアオヤギ北浦和店です。

     

    私、ブログ担当は昨日、一昨日と実家の新潟に帰っておりました。

     

    私の地元では昔から3月3日はお寺で日本三代奇祭のひとつとも言われる裸押し合い大祭が行われています。

     

    巨大な蝋燭を持った男達が練り歩き

     

    水に浸かり

     

    本堂で押し合う

     

    とてもジャパニーズなお祭りです。

     

     

    地元では3月3日(さんげつみっか)と呼ばれる1200年もの伝統あふれるこのお祭り

     

    運営する多聞青年団(たもんせいねんだん)と呼ばれる若者の減少や他所の地域からの集客の関係で来年から3月3日ではなく、

     

    3月の第一土曜日に日程を移す事になったそうです。

     

     

    終始流れている地元の民謡の中にも3月3日と入っているので個人的には悲しいです・・・

     

    しかし、集客が少なくなって廃れるよりもより一層盛り上がって欲しいものです。

     

     

    それにしても・・・・

     

    三大奇祭の3つめ多すぎ!!

     

    三大奇祭
    黒石寺蘇民祭(裸祭り)(岩手県奥州市黒石寺)、御柱祭り長野県諏訪市諏訪大社)、吉田の火祭り山梨県富士吉田市北口本宮冨士浅間神社)、帯祭り(島田大祭)(静岡県島田市)、裸押合大祭(新潟県南魚沼市・普光寺毘沙門堂)、尻叩き祭り(しもと祭り)(富山県富山市)、国府宮裸祭り(愛知県稲沢市)、鍋冠祭(滋賀県米原市筑摩神社)、四天王寺どやどや(大阪府大阪市)、県祭のぶん回し(京都府宇治市)、西大寺会陽(岡山県岡山市・西大寺)、悪態まつり(茨城県笠間市・愛宕神社)、たいまつ祭り(長野県松本市浅間温泉

     

    コメント
    コメントする