体験してみよう、そして理解しよう色覚異常の見え方

2019.02.25 Monday

0

    こんにちは

     

    Winkアオヤギ北浦和店です。

     

    当ブログで2月の18日〜19日にかけて色覚異常についてふれた所、

     

    ありがたい事に何件か実際に反響がありました。

     

     

    そこでわかったのが

     

    自分の色覚の程度が本人にもわかりづらい事

     

    実際にどう見えているのかを周りに伝えるのが非常に難しい事

     

    この2点でした。

     

     

    見えないものを見えないと伝えるのは難しくない

     

    聴こえないものを聴こえないと伝えるのは難しくない

     

    しかし、自分が見ている色と人が見ている同じ色が違う見え方をしているかもしれないという事を説明するのはとても難しいです。

     

     

    「相談したいけど上手く表現できない」

     

     

    色弱の人の悩みはこの部分が大きいと思います。

     

    男性では20人に1人いる色弱ですが女性では500人に一人程度です。

     

    母親や恋人に色弱の悩みを理解してもらえる可能性というのは非常に低いです。

     

    説明してもわかってもらえないから抱え込んでしまう。

     

    そういう状況の人は多いんじゃないかと思います。

     

     

     

     

    色のシュミレータ (iOS版)

     

    色のシュミレータ (android版)

     

     

    これはスマホのカメラ連動アプリで色弱の人の見え方を擬似体験できるシステムです。

     

     

    1番上が色覚異常なし

     

    2番目は赤を感じる細胞の異常

     

    3番目は緑を感じる細胞の異常

     

     

     

     

    C正常 P赤色盲 D緑色盲 T青色盲

     

     

    色覚異常のある方に正常色覚の見え方を体験してもらう事は難しいです。(色覚補正レンズで補助は可能)

     

    でも正常色覚の人が色覚異常の体験をする事は可能です。

     

     

    興味がある方はダウンロードして色んな景色をこのアプリを通して見てみてください。

     

    また色覚異常にお悩みの方は、職場の方や周囲の方に自分の見え方を理解してもらう為に役立ててください。

     

     

    それでもお互いの気遣いで補えない部分がある様でしたら是非ご相談ください。

     

    色覚補正レンズは決して完璧なものではありません。

     

    でも、色でお困りの方の生活を潤わせるお手伝いは出来る商品です。

     

    体験だけなら無料なのでお気軽にご来店ください。

     

     

    Winkアオヤギ北浦和店  048-882-5620

     

     

    PS 

     

    便宜上「色覚異常」と呼ばざるを得ませんが実際は得意な色や苦手な色が違うだけです。

     

    画家のゴッホは色覚異常があったと言われていますが独特な色使いはとても見事です。

     

    色覚補正レンズ使用時と未使用時2つの見え方の眼を手に入れる事で意外な才能が開花するかもしれませんよ

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする