メガネのWinkアオヤギ ブログ

メガネのWink(ウインク)アオヤギは、埼玉県さいたま市浦和区の与野・北浦和のメガネ専門店です。
<< 猫の飽き性 と 眼鏡の複数所持の話 | TOP | 【東軍・西軍】 関東はかぎ尻尾、関西はストレート 猫の尻尾の話と眼鏡のテンプルの話 >>
安心と信頼 猫の鳴き声とチタン素材の話
0

    こんにちは

     

    Winkアオヤギです。

     

    突然ですが皆さんは「猫の鳴き声」と言われたらどんなものを思い浮かべますか?

     

    多くの方は

     

    「ニャー」とか「ニャーン」

     

    と、いった雰囲気の物を思い浮かべると思います。

     

    実はこれ、猫にとっては赤ちゃん言葉の様なものだそうです。

     

     

    てつろうは未だに毛布をおっぱいだと思ってモミモミします。

     

     

    山猫など自然界に住む猫科の動物の成猫は「ニャー」とか「ニャーン」とは鳴かず、親に甘える子猫だけがこの様な鳴き声をだすのだとか。 確かにあんなに良く通る猫なで声を響かせていたら周囲の獲物がみんな逃げてしまうでしょうから考えてみたらもっともなお話です。

     

    「うちの子はいっつもニャーニャー呼びかけてくるなあ」と思っている方、どうやらお宅の猫ちゃんはあなたに対して「信頼できるお母さん(お父さん)だ」なんて思っているのかもしれませんよ(笑)

     

     

     

     

    さて、話は変わってお次はチタンのお話

     

     

    以前と比較して眼鏡素材として割と一般的になってきたこの素材

     

    実は、眼鏡に使われるようになってからまだ40年も経っていません

     

    そもそも1950年代まで加工技術の難しさからあまり流通していなかったのだとか

     

     

    特徴としては

     

     

    鋼鉄以上の強度を持ちながら重量はその半分程度

     

    空気中では白金や金属とほぼ同程度

     

    人口骨や人工関節に使われる等、人体に対して安全性が高い

     

     

    これらの条件から眼鏡素材としてかなり適しています。

     

    しかし、残念な事に

     

     

    コストを下げる為に純度の低いチタンを使用する。

     

    カラフルにする為に腐食性の高い素材で表面にメッキや塗装をかける(金属アレルギーやサビの原因)

     

    チタンを使っていはいるものの材料を削減しているので作りそのものが華奢

     

    刻印だけ「チタン」

     

     

    こういった粗悪品も多く出回っている事でチタンフレームの信頼性が下がってしまっていると私は感じます。

     

    4つめに関しては、海外で知識の無い中で製作されて「なんか高いものには全部この刻印があるから意味はわからないけど刻印しとこう」なんてパターンもありえます。(さすがに最近は無いとは思いますが・・・)

     

    とはいえ、私も以前、某隣国製でどう見てもステンレス製の真っ赤なメガネフレームに「K18(18金)」と刻印されたものを見たことがあります。さすがに騙す気があったらもう少し金っぽくしそうなものですが・・・(笑)

     

     

        「嘘をついてはいけません」

     

     

    コストを下げれば質は落ちる、仕方の無い事ではありますが難しい問題です。

     

    とはいえチタンもかなり一般に広まってきており、極端に安価なものでなければかなり質の良いものも沢山あります。

     

    もし、眼鏡の事でお悩みであれば是非、Winkアオヤギ北浦和店 にご相談ください。

     

    | 知っておきたいメガネの話 | 13:41 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする