眼鏡はハゲの男を上げる!!〜ハゲがモテない時代はもう終わる〜

2020.06.19 Friday

0

    こんにちわ!

    Winkアオヤギ北浦和店のバンザイです!

     

    今日は先日、公開した動画「眼鏡はハゲの男を上げる!!」の文字起こしバージョンを記事にします。

     

    クリックで動画へジャンプ

     

    皆さんはハゲたら男としての魅力は無くなりモテる可能性が無くなってしまう・・・つまり終わってしまうと勘違いしてしまってはいないでしょうか?

     

    もちろんそんな事はありません!

    ハゲてもかっこよくなれます!

     

    海外ではスペインなどハゲがセクシーさの象徴として捉えられている国も少なくは無いです。

    ブルース・ウィリス、ジェイソン・ステイサム、ジャン・レノ等のイケているハゲは数えしれません

    日本でも渡辺謙さん、竹中直人さん、所ジョージさんだとかお洒落でかっこいいハゲは沢山います。

    ばいきんぐの小峠さんも美男子とはまた違う顔をされてますがモテエピソードが沢山あるモテ男ですね。

     

    つまり、決してハゲは終わりなどではありません

    ハゲでありながらかっこよくなればいい、それだけの話です

     

     

    ーー

     

    では何故、海外のハゲはかっこいいとすんなり思えるのに日本人のハゲはかっこ悪いと思われがちなのでしょう?

     

    その理由はいくつかありますが見た目の特徴として大きな理由が2つあって頭の骨格彫りの深さです。

     

     

    まず頭の骨格ですがカッコイイと言われやすい海外のハゲは顔の横幅に対して縦幅が1.2倍〜1.3倍と縦長の骨格をしています。

    一方日本人を含むアジア人は顔の横幅に対して縦幅が1.1倍と丸みのある骨格をしています。

    この影響で精悍と言うよりはどうしても可愛らしいコミカルなイメージになりやすいです。

     

    次に彫りの深さです。

    彫刻の様な彫りの深い骨格と比較してアジア人は彫りが浅いです。

    髪の毛が無い状態だとどうしても全体的に肌色ののっぺりした印象になってしまい、お顔の上で目線が定まる場所を失いやすいのです。

     

    こんな風にいうとかなり致命的な弱点に感じますがそうでもありません。

    実は眼鏡というアイテムでこの弱点は十分に補う事が出来るからです。

     

     

    顔の真ん中にある眼鏡は必然的に視線が集まるアイテムですが実はこの視線のコントロールによって輪郭の印象を変える事が可能です。皆さんも「サイズ感は合っている筈なのにこの形は似合うけどこっちはイマイチ」みたいな印象を眼鏡で感じた事があると思います。それは眼鏡が視線をコントロールする効果と「こんな風に見せたい」という理想がチグハグになってしまっているからです。

     

    では日本人には坊主、スキンヘッドの様な髪型の時にどんな眼鏡が有効なのでしょう?

    3つほど上げるとすれば「ハーフリム(ナイロール)」、「ブロー(サーモント)」、「ボストン」などはとてもオススメです。

     

     

    まず「ハーフリム」ですが

    Design88 「石彫11号」

     

    レンズの上部にのみフレームがあって下にはフレームが無いタイプです。

    こちらのタイプは視線が上に集まるのでそこから下が長く見えます。

    仮に丸顔であってもトップリムから下を長く見せるので理想的な顔型に近づけるので効果的です。

     

     

     

     

    お次に「ブロー」です。

    Rayban 「Club master」

     

    こちらもフレーム上部に視線の送り先があるので顔の印象を縦長に見せる効果はばっちりです。

    また、眉の位置に来るブローパーツがお顔をキリッと精悍なイメージにしてくれるのでお顔の印象が薄めの方にもとてもオススメできるフレームですね。

     

     

    最後が「ボストン」

    METRONOME 「Within a sober」

     

    眼鏡のツルの部分が上の方から出ているのが特徴です。

    ハーフリムやブローと比べて明確に上が太い訳ではありませんが右と左のレンズを繋ぐブリッジの部分やツルの付け根の智というパーツが上の方に付いているのでやはりお顔の印象を縦長に見せる効果があります。

     

     

    これらの効果に加えて眼鏡によって顔の真ん中に視線の集まるポイントが出来るので彫りが浅くてのっぺりとした印象になってしまう日本人のハゲに最適と言えます。

     

    視線が集まるポイントが出来ればハゲ的にも気持ちが楽ちん

    対面する人も悪いと思いつつ視線が良く頻度が減るので楽ちん

     

    といった具合に良いことづくめです。

    輪郭の印象を操作するのが狙いというよりも視線の誘導が主眼であればインパクトの強い眼鏡もオススメ

     

    PADMA IMAGE 「Ue-Shita」

     

    この様に対面した相手の視線をくぎ付けにする事間違いなしのデザインなら生え際や頭に行ってしまう視線を眼鏡に集めてくれます。またお洒落な眼鏡をしていれば「あの人お洒落で頭を丸めているのでは?」なんて向こうから思ってくれるので眼鏡だけでなく服などのお洒落にどんどん乗り込んでいく時も委縮する事なく挑んでいけるのではないかと思います。

     

     

    最近は日本人もすこしずつお洒落ハゲが浸透しつつあります。

    眼鏡をきっかけに褒められポイントを少しずつ増やしていけばいつかはお洒落上級者の仲間入り間違いなしです!

     

    ある機関の女性に向けて行われたハゲに関するアンケートでは「ハゲは似合っていればOK」という意見がなんと73%を占めていて「嫌い」という結果を大きく突き放したそうです。

     

     

    つまり決してハゲは終わりではありません!

    もしよろしければ眼鏡をきっかけにかっこよくなるお手伝いをさせてください!

    一歩踏み出してくれれば全力でお付き合いしますので是非ご相談ください!

     

     

    以上!Winkアオヤギのばんざいでした!

     

     

    コメント
    コメントする