子供メガネを渡す時 これから始まるメガネ生活の為に〜

2019.04.25 Thursday

0

    こんにちは

     

    winkアオヤギ北浦和店です。

     

    先日、Twitterで子供の視力の話をしたところ

     

    「知らなかった!」

     

    「そうなの!?」

     

    というリアクションが自分の想像以上にありまして・・・

     

    私達、眼鏡屋や眼科にとっては常識でも一般には浸透していない事は沢山あるなぁと感じたので私が子供の眼鏡をお渡しする時にご家族に必ず伝えていることをまとめます。

     

     

     

    まず前提として

     

     

    子供の視力(度数ではなく見る力)は8歳前後で完成する。

     

    近視や遠視は眼球内の屈折現象なので成長によって眼球が大きくなれば変化する。

     

    成長期の子供は体が急激に大きくなるので大人の数十年分の度数変化が1年や半年で起こる事はざらである。

     

    眼鏡に慣れている大人と違い、子供には「自分が人より見えていない」という感覚を自覚する事は難しい。(あくまでも自分にとってはそれが正常な状態有り、裸眼と比較して見えていれば”見えている”、裸眼と変わらなければ”自分はそこまで眼が悪くない”と誤認してしまう事がある)

     

    学校の健康診断はあくまでも流れ作業での確認にならざるを得ない(本気の検査をしたら1か月かけても全校生徒なんて無理)ので学校検査を過信しない!(友達の真似やあてずっぽうでクリアなんてケース多数)

     

     

    こんな感じで大人と子供ではかなり交換サイクルや自覚症状に差があります。

     

    しかし、これを実際に知っている親は意外と少なく、初めての眼鏡から3〜4年開けて「あんたなんで見えてないって言わなかったの!!」なんてお店で子供を叱っている親もかなり沢山います。(上の前提を説明して子供じゃなくて親の責任ですよ!と少し戒めます 笑)

     

     

     

    では子供の眼鏡のお渡し説明(度数編)

     

     

    親へ

     

    子供の度数はほぼ確実に変化します。初めての眼鏡から1年で2倍3倍の度数になる事はザラです。必ず半年〜1年に一回、視力検査にいらしてください」

     

    本人にはまだ”見えている”、”見えていない”の正常判断は出来ません。本人の申告や学校の検査だけで判断せず、見る様子から異常を感じたら念の為に眼科か眼鏡屋に相談してください」

     

    「”眼鏡を嫌がるから”と見えない状態を放置すると本当に必要な時にクラクラして掛けられない、もしくは最悪の場合は免許の取得や視力を条件とする就職が出来ない”弱視”という状態になります。こうなったら度数を強くしても解決する事はありません、子供の将来を奪う事になるので注意してください」

     

    「何度言ってもTVに異常に近づく、ノートや教科書にべったり顔をつけて読み書きをする、人の顔を目を細めて見ている、こういった症状は”続けると眼が悪くなる”ではなく”既に眼が悪い”というサインの可能性が高いです。」

     

    「1.0で作った眼鏡が大人になるまで1.0のままというケースはまずありません。遠視はともかく近視は治ることもまずありません」

     

    子供へ

     

    「見えていない時の顔は自分でも気が付かないけどこんな顔なんだよ(眉間にシワを寄せて睨みながら)、朝やお風呂から上がった時に君が鏡で見る顔は”鏡を見る為のおすまし顔”なんだよ、でも遠くから声を掛けた友達を見る君の顔はさっきのおじさんみたいな顔だ、あんまり知らない子があんな顔で自分を見てきたら自分だったら友達になりたいと思うかな?ずっと我慢してたらあんな顔になっちゃうよ、おじさんは高校生になるまであんな顔だったから少し嫌な思いもしたよ」

     

     

     

    まぁ、大体こんな感じでこれからの眼鏡と自分の眼との付き合い方、眼鏡はただ見る為だけに使っているのではなく、しっかりと見る事で周りと正常にコミュニケーションをする為に使用しているという事をなるべく理解して貰う様にしています。

     

    私自身が高校3年の時に「フーリガン(暴徒化したサッカーファン)」というあだ名をつけられる程に目つきが悪かった事、現在でもしかめっ面の影響か左右の眉の高さがかなり違う事からか割と真剣に、尚且つ笑いながら聞いてもらえる事が多い様に感じます。笑

     

    特に女の子やそのお母さんは「帰ったらさっそく眼鏡使おうね!授業中じゃなくてなるべく外でも使おう!」なんて言ってくれるので「目つきが悪いのも役に立つもんだなあ 笑」なんて思ってます。

     

     

     

    もちろん、度数の進行度が違うとはいえ、大人には全く関係がない話ではありません。

     

    特に「もしかした老眼が始まってるかな・・・?」なんて思っている方、かなり多くの部分で共通点があるのでご注意ください、あんまり無理して我慢していると・・・

     

    「なんであの人いつも機嫌が悪いんだろうね?」

     

    なんて言われいるかもしれませんよ 笑

     

     

    以上、winkアオヤギ北浦和店でした。